冷えとりはスキンケアに通ず

脂性でニキビだらけの十代でした。にきび治療薬を塗ってしのいていましたが、鼻の頭のきめが粗く、いちごみたいな毛穴に悩んでいました。おまけに敏感肌なのでメイクするとかゆくてかゆくて。20歳を過ぎても写真に撮られるときしか化粧はしませんでしたが、基礎化粧品は毎日欠かしませんでした。夜は酵素洗顔、鼻のパック、化粧水で引締め、乳液、美白用のビタミンCのパウダーと美容液。ノーメイクでも夏は日焼け止めはつけていましたが、25歳を過ぎたころ、頬に直径1センチほどのうすいシミができてしまいました。それからはがっちりファンデーションでガードするようになりましたが、30代にはいり、子育てに追われるようになるとまたまたノーメイクです。でも基礎化粧品だけはやはり毎日欠かしません。アジアンコスメが流行し、真珠や漢方などが含まれたアジアの輸入化粧品を安く買ってちょっと家計に貢献しました。40代にはいるころ、オールインワン製品がでてきました。基礎化粧品はジェル1個で終わり。それにBBクリームとずっと愛用していた仕上げの真珠パウダー。楽ちんです。ですが、45歳になると更年期にさしかかり、貧血状態が続き、血行が悪くなり、どんな化粧品を使っても顔中にシミができて困りはてました。結局、化粧でごまかすのでなく、新鮮な自然食材を使ったバランスの良い食生活、適度な運動、前向きな精神状態、これら体の内部を良好に保ち血行をよくすることがとても大事だとしみじみ感じています。顔どころか、体まで変調をきたし、アトピーのようなじんましんができるようになってしまいました。アトピーも低体温でなりやすいようです。現在のスキンケアは、血行をよくする保湿剤とホホバオイルを顔と全身に使っています。私は中高年ですが、若い人にも「冷えとりはスキンケアに通ず」だと思います。

リシャインパッチの通販購入はこちら