妊娠中でも使える美白パックとは?

 

美白パック,妊娠中

 

妊娠中でも使える美白パックについてまとめてみました。

 

妊娠中の注意点

 

美白パック,妊娠中

 

妊娠中は、急激なホルモンバランスの変化によって、肌も敏感になっています。なので、今までは大丈夫であった美白パックでも、ピリピリと刺激を感じてしまう事があります。

 

その刺激が肌荒れを起こすと、炎症後に色素沈着を引き起こす可能性があるため、妊娠中は刺激になる成分が配合されていないものを選びます。

 

妊娠中に避けた方が良い成分には、ハイドロキノンがあります。シミに対して効果的な成分ですが、肌への刺激が強く肌がデリケートになっている時期には避けたい成分です。パラペンは、多くの化粧品に使われている防腐剤です。

 

パラペンは胎児の成長を阻害したり、悪影響を及ぼす危険性があります。胎児の事を考えて、配合されている美白パックは避けます。

 

妊娠中は低刺激がおすすめ

 

美白パック,妊娠中

 

妊娠中におすすめの低刺激な美白パックは、ジェイドブランです。オーガニックの植物成分と科学の美肌テクノロジーの融合によって、美肌の6つの条件であるキメとハリと潤いとツヤと透明感と柔軟さを持っている健康な肌に導くスキンケアです。

 

ビタミンC誘導体配合で、メラニン色素生成を抑制と還元してくれます。3種類のナノ化されたセラミドが、しっかりと浸透して肌に潤いを満たしてくれます。アレルギーとスティッキングと、細胞毒性とパッチテスト済みです。

手の甲のシミに効く美白パック

 

美白パック,妊娠中

 

手の甲のシミに効く美白パックをご紹介します。

 

オススメの美白パック

 

美白パック,妊娠中

 

手の甲にシミが出来て悩んでいる時は、美白パックでシミを消す事が出来ます。ハンドクリームを塗っても、主婦は1日に何度も水仕事をするため直ぐに落ちてしまいます。美白パックのメイミーホワイト60なら、手の甲にも使えます。

 

通常スキンケアの効果を実感するには、早くても半月程度の時間がかかります。顔や手の甲等美白になりたい部分塗って、60秒後に洗い流すだけです。60秒間の間に美白パックが汚れを全て吸収して、更に速効性の美白成分により美白効果を実感する事が出来ます。

 

また、速効性に加えて肌の奥まで浸透して、じっくりとシミやそばかすを根本的な原因を取り除く効果があります。速効性だけではなく、継続する事で美白に近付けます。

 

効果的な成分

 

美白パック,妊娠中

 

メイミーホワイト60には、美肌や美白有効成分が沢山配合されています。ユキノシタエキスは、活性酸素を除去する働きがあるためアンチエイジングに効果的です。特に紫外線の影響で肌が酸化するのを防止するため、美白効果があります。

 

ヒナギク花エキスはサポニンやポリフェノールが含まれていて、これらの成分がメラニン生成をブロックする働きがあります。保湿効果や抗炎症効果も期待出来るため、スキンケアに理想的な成分です。

美白パックはデリケートゾーンのシミに使える?

 

美白パック,妊娠中

 

デリケートゾーンのシミの黒ずみに適している美白パックには、いつかタイプがあります。

 

美白パックのタイプ

 

美白パック,妊娠中

 

シートは洗浄後に黒ずみに貼って使用して、洗い流しません。スクラブや洗浄は、マッサージをした後に洗い流して使います。洗浄タイプには、泡やジェル等があります。デリケートゾーンの黒ずみの原因抑制が望めるのは、ビタミンC誘導体が入ったタイプです。

 

オススメの美白パック

 

美白パック,妊娠中

 

デリケートゾーンの黒ずみに期待出来る美白パックには、ジャムウ・デリケートパックがあります。インドネシアの伝統ハーブ療法ジャムウを配合していて、デリケートゾーン向けのパックです。適量を塗って1から3分程度パックをして洗浄をします。

 

匂いや健やかな肌に嬉しいツボクサエキスやレモングラス等が入っていて、引き締めたい人にもピッタリです。黒ずみ解消成分は少し物足りなさを感じるが、匂いやたるみや肌荒れに期待が出来ます。

 

ペキュリアフラッシュパックは、ムレや黒ずみが気になる人のために作られているシート状のパックです。剥がれにくい素材で肌に密着して、しっかりと美容成分を届けてくれます。

 

パックをしたまま下着や服を着られて優れもので、体の巡りに嬉しい酢酸トロフェロールやビタミンEや潤いが望めるヒアルロン酸等が入っています。

美白パックを行うタイミング

 

美白パック,妊娠中

 

美白パックを行うタイミングは、美白パックのタイプによって異なるので、タイプごとに紹介します。

 

洗い流すタイプ

 

美白パック,妊娠中

 

洗い流すタイプは、毛穴等の汚れを落とすタイプと美容成分を取り込むタイプの2種類あります。洗い流すタイプは、肌が清潔な状態で行うのが正しい使用方法です。どちらのタイプでも、洗顔後の化粧水を付ける前に使用します。

 

剥がすタイプ

 

美白パック,妊娠中

 

剥がすタイプは、古い角質や毛穴の汚れを綺麗にします。穴の汚れを除去するには、入浴後または蒸しタオルやスチーマー等を使用してしっかりと肌を温めて毛穴が開いてから使用します。剥がすタイプがきちんと古い角栓に吸着するには、毛穴を開く必要があります。

 

入浴後等洗顔をした後の5分以内に行うのが、肌に一番美白成分が浸透しやすいです。入浴中は肌の表面が水で濡れているため、しっかりと潤っている錯覚を起こします。ですが、実はどんどん汚れと共に、大切な油分や肌の水分が抜けている状態です。

 

なので、遅くても5分以内に美白パックで、保湿を行います。5分過ぎてしまうと肌への浸透率が下がるため、美白パック本来の充分な効果を得られなくなります。

 

美白パックは化粧水で肌を整えてから使用するものや、洗顔後直ぐに肌に乗せて使用するもの等種類も豊富です。購入した美白パックのパッケージで、しっかりと使用方法を確認してから使う事が大切です。

ヌルホワイトの通販購入はこちら!トップページへしみやそばかす、くすみがコンプレックスの方、効果的な美白ケアをしてみたい方は、トップページでヌルホワイトの詳細をチェックしてみてください。